ページの始まり


古河電池株式会社




ここから本文

お知らせ

原発事故警戒区域からの車持ち出し作業に際し、バッテリー供給支援を行いました。

2012年2月10日

東日本大震災で被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

弊社は、内閣府と東京電力(株)の要請を受け、東京電力福島第一原子力発電所の警戒区域内において、被災者の方々が残された車両を20km圏外へ持ち出すサポート活動を行いました。

主な活動内容として、毎日いわき工場からチャーター便でバッテリーを輸送し、JAFにより行われた車両持ち出し支援に必要なバッテリーの供給、廃棄バッテリーの回収を行いました。

この活動は、12月7日から12月24日まで行い、428個供給しました。 古河電池株式会社は、これからも東日本大震災被災地における、自動車ユーザーのため、出来るかぎりの支援協力を行ってまいります。

バッテリー供給支援の様子

このページの先頭へ

本文ここまで



ここからサブカテゴリメニュー


ページの終わり