ページの始まり


古河電池株式会社




ここから本文

お知らせ

古河電池、エコマリンパワー社の船舶用再生可能エネルギーソリューションの海上試運転にUltraBatteryを提供

2017年8月8日

古河電池株式会社(本社:横浜市保土ケ谷区、代表取締役社長:小野眞一、以下古河電池)は、再生可能エネルギー事業の取組みの一環として、エコマリンパワー株式会社(本社:福岡市博多区、Chief Technology Officer:Greg Atkinson、以下EMP)が実施する Aquarius MRE®(船舶用再生可能エネルギー)プロジェクトに戦略的パートナーとして参加します。

古河電池は、本プロジェクトに対し、古河電池独自のキャパシタハイブリッド型鉛蓄電池UltraBattery(ウルトラバッテリー)を提供することで、船舶への再生可能エネルギーの利用普及を促進してまいります。


Aquarius MRE®の概要図(EMP出典)

Aquarius MRE®は、EMPが開発した硬帆、マリングレードソーラーパネル、エネルギー貯蔵モジュールおよび船舶用コンピューターの先進的な統合システムです。本システムは、風と太陽から得られるパワーを利用することで再生可能エネルギーを船舶に取り入れることを可能にします。これらの代替エネルギー源と推進力の使用は、燃料消費量の削減、大気汚染の低減、CO2排出量の削減につながります。

今回、EMPが実施するプロジェクトは、Aquarius MRE®ソリューションを実際に船上で12〜18か月間試運転するというものです。EMPは、特許技術を用いた硬帆およびソーラーパワーシステムが世界で初めて搭載された船舶を、2018年中に展開することを目指しています。
古河電池は、本プロジェクトに対し、古河電池独自のキャパシタハイブリッド型鉛蓄電池UltraBattery(ウルトラバッテリー)を提供することで、EMPおよび他の戦略的パートナーとともに船舶への再生可能エネルギーの利用を後押ししていく考えです。

古河電池は、蓄電池・電源事業のもつ「蓄える力、動かす力、見守る力」で「社会を支える」ことを企業使命としています。今後も、再生可能エネルギー関連の技術・製品の開発を進め、真に豊かで持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

お問合せ先: 古河電池株式会社
海外戦略本部 海外営業部 産業営業グループ TEL:045-336-5063

参考情報

(注)EnergySail®およびAquarius MRE®はエコマリンパワー株式会社の登録商標です。

本文ここまで

このページの先頭へ



ここからサブカテゴリメニュー


ページの終わり